2019年3月14日 (木)

寺めぐり「大雲寺」

大雲寺=東京都江戸川区西瑞江
ご本尊=阿弥陀如来

今日は久しぶりに本来の「寺めぐり」に出掛けました。雲一つない真っ青な澄んだ空でした。
大雲寺は俗称「役者寺」とも言われています。
「役者寺」と言われているように歌舞伎俳優ゆかりの墓所として知られています。
広い墓地の中で歌舞伎役者のお墓を探すのは大変なことでした。

1

メモ帳に書いた住所を片手に探し歩きました。住所にあるはずの「大雲寺」が見つかりません。
後戻りして探し工事中の覆い被さったシートを覗くと「大雲寺」の山門が工事中になっていました。



2

工事中の山門の脇道をすり抜けて進むと後ろに「鐘楼」が眼に入りました。



3

綺麗に整備された境内にいくつもの地蔵尊が並んでいました。



4

地蔵尊の前を一直線に進むと本堂が現れました。立派な瓦屋根です。



5

ここにきて「大雲寺」の文字が眼に入りほっとしました。
広い境内は工事中とあり結構な人が工事に関わっていました。



6

境内横の細い通路を進んでみました。



7

こちらは社務所になっているようです。後で分かったことですが。こちらで御朱印を頂きました。



8

本堂脇を真っ直ぐ進んでみました。ずらっと水仙の花など綺麗に並んで咲いていました。



9

脇道を進むと、あまり大きくない池に橋が架かりその奥は墓地になっています。



10

広い敷地の墓地はどこをみても綺麗に掃除が行き届いています。



11

何やら書かれていました。歌舞伎役者の名前でした。
何処に誰のお墓があるのやらまったく分かりません。奥に進むとやっと人に出会いました。
その人に」歌舞伎役者のお墓を教えて欲しいと頼んでみました。
その人は植木職人さんのようでしたが手を休め親切に私をその墓の前まで案内してくれました。



12_2

左から  初代・三世尾上菊五郎  三世坂東楽善  坂東彦三郎  市村羽左衛門の墓



13

左から  中村勘三郎    〃     松本幸四郎  瀬川菊之丞



14

この墓の人は職人さんも分からないようです。その他にも三代目三遊亭圓生も埋葬されているようですし
有名な俳人・茶人・等、名のある人のお墓もあるそうです。



15

御朱印を頂きました。



16

現在、境内は工事をしてますが本殿、社務所…等の全景の写真です。

☆ 4日前に大雲寺さんに電話でバスの乗り場をお聞きしたら女性の方が対応してくれま
   した。親切に教えて下さいました。その後、私の家に電話が入り、バスの時間表まで
   教えて下さいました。今日はその時間表通り行って来ました。とても助かりました。
   お礼を言いたかったのですが出掛けていて留守でした。
ここまで親切な人もいるのですね。感謝でした。
        

2019年3月11日 (月)

欲しかったトートバック

先週末、又々謎のHさんからトートバックを2個も頂きました。
とっても可愛い大好きな「ふくろう」柄のバックでした。
欲しかったトートバックそれもいきなり2個でした。大事に使いたいと思っています。
Hさんからのプレゼントは前は飾る「ふくろう」でしたが最近は使う「ふくろう」になりました。

1

2 3

Hさんとは、まだ一度しかお逢いしたことがありませんが、こうして忘れないでいてくれる気持ちに感謝感激です。
私も「ふくろう」を身近な部屋に飾り置いて忘れないでいます。
感謝の気持ちを表す言葉が見つかりません。ただ声を大にして「心からありがとう」を伝えたい気持ちでいっぱいす。

2019年3月 8日 (金)

我が家に春が来た

今日は造花の「桜」を玄関に飾りました。
暦の上ではとっくに春になっていますがまだまだ寒い日が続いています。
コートを手放せれば春を肌で感じられるのに、もう少しの辛抱です。
我が家にはもう春が早々とやって来ました。桜が満開になっています。


1

春よ来い、早く来い…こんな光景が早く来ないかなぁ



2_3

去年購入した造花の桜です。今年も綺麗に咲いてくれています。

3

今年は何処の公園に行こうかな?
「寺めぐり」&「桜まつり」の一石二鳥を狙う散策が楽しみです。

2019年3月 7日 (木)

メガネ&「アイケアリラクゼーション」

新しいメガネ(遠近両用)を新調しました。定員さんがメガネの調整をしている間店の奥にある
「アイケアリラクゼーション」をやりました。


1

上半身のマッサージですが特に頭が軽くなりました。勿論眼の回りもすっきりして見えが良く
なったように思います。



2

3

4

酷使している身体にご褒美をあげてまた頑張ろう。



調整完了です。

5

今回購入したメガネで新しいグッチのデザインです。

6

7

メガネを着用すること30年ですがメガネは顔の一部です、お洒落にも気を使います。
洋服や食費などには使い過ぎると後悔もしますがメガネは一日3分の2程の時間を私の為に
酷使しています。せめて一日の3分の1の夜は休めてあげないと。1ヶ月200時間も私にベッ
タリですもの少々値が張ってもいいかなと思ってます。

2019年3月 5日 (火)

今年初の「フェイラーファミリーセール」

FEILER FamiIy Sale会場=東京都品川区西五反田 五反田TOCビル13階
(フェイラージャパンKK)

先日、待ちに待ったセールの案内状が届きました。バーゲンは初日に限ります。
年に3~4回のバーゲンです。今回も初日の今日行って来ました。
午前中は最低でも1時間半は並ぶのを覚悟して行っていましたが今回は午後にしてみました。
1時近くになりましたが並ぶこともなく、すんなり会場に入れてラッキーでした。これからは午後にしょう。


1_2 2

このハガキはネットで売買されています。
皆さん招待状を買ってでも行きたいようです。



3 五反田駅からシャトルバスで。

7分間隔でTOCまで無料往復運行しています。



4

5

会場に入り、まずハンカチコーナーにまっしぐら。お気に入りが沢山見つかりました。
フェイラーのシュニール織は美しい色柄とソフトな手触りが心を癒してくれます。
何度洗っても色落ちしなく型崩れもなく丈夫な製品なので長く愛用しています。



6

今回は春物の「バック」を購入しました。内部に大小のポケットが付いています。
素材は綿・ナイロン・ラメです。春から夏に向うのでちょっと派手目の色柄にしました。



7

「ポーチ」



8_5

「ソックス」



毎回、行っては何がしら購入してきますが、いつの間にかなくなってしまいます。
次回はいつになるか分からないそうです。たぶんまた行くだろうな。

2019年3月 4日 (月)

日帰り「ミステリーバス旅行」

2日(土)に、私達3人娘は、ミステリーなる旅行は初めての体験でした。
何処へ行くか当日にならないと分からないという楽しみと不安なバス旅行でした。
分かっていたのは
★ 朝採れフレッシュいちご4パック(1キロ)のおみやげ。
★ 昼食(鍋御膳)を食べながら太鼓ショー見学。
★ 戦国時代に居城として使われた跡地に建つ??神社。
★ 可憐に咲く様々な洋蘭の見学。
★ ??温泉の足湯体験。

錦糸町に集合してAM7:00に出発しました。錦糸町から首都高速に入った途端に、,ん・・?
これは山梨に行くな?添乗員さんに聞いても「さぁ何処でしょう?お楽しみに」と言うだけ。
私は思った。お昼の鍋御膳とは=ほうとう鍋。戦国時代の居城とは=武田神社。足湯とくれば=甲府だ。
車窓から見える景色は確かに見覚えのある風景だった。トイレ休憩のドライブインも覚えがある。
100%山梨県に間違いない。パーキングの看板に山梨の文字を確認。やっぱりだった。



1

思ったより道路の渋滞もなく流れが良かった。その為昼食が早くなった。
こちらは「武田信玄」がお迎えしてくれました。レストランの入り口。



2_2

レストラン店内に飾られた大きな狸さん。腕に「ほうとう」を持って、籠には「ほうとう鍋」の具材を下げていた。



3

店内には「雛段」も。「明日はひな祭りだ」と思いつつ。



4

5

いよいよ食事の時間になったが、ありふれた「御膳」と「ほうとう鍋」がとても美味しくうどんがお餅のようだった。



6

いよいよ「太鼓ショー」が始まります。



7

食事をしながらの鑑賞です。大迫力で鳴り響く「和太鼓シヨー」でした。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


さぁ、これから何処に行くのかな?

「武田神社」でした。

9

甲府と言えば…「武田神社」です。天気も良く気温も高く汗ばむくらいの陽気でした。



10

大きな鳥居です。階段がとても上がりやすく感じました。



11

手水舎



12

拝殿前はパワーを感じました「風林火山」とは信玄公の戦に対する思想を表していますね。



13

御朱印を頂きました。


。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚


次に連れていかれたのは?

「洋欄」と「花園」でした。

14

15

16

欄の鉢を100鉢で富士山をイメージしたそうです。

17

18

19

20

行く先々でお雛様の段飾りが迎えてくれました。3日は端午の節句だもの。

21

「足湯」気持ち良かった。青空の下で45度の温泉に入るとは膝下だけでは勿体ない。
バスの中に押し込まれたせいか少しむくみ気味だった足も喜んでいました。

他にも「宝石工芸店」へ。甲府方面バスツアーは必ずと言っていいほど宝石店に連れて行かれます。
甲府は昔から水晶が多く採れる鉱山があったそうです。

何はともあれ無事に行って来ることが出来ました。まぁまぁのバス旅行でした。

2019年3月 1日 (金)

居酒屋「庄や」にて

昨日は「亀戸天神」の「梅まつり」を観に来た姪夫婦が帰りに我が家に寄ってくれました。
まだ新婚さんでラブラブなご夫婦です。姪は幼少の頃からしょっちゅう泊まりに来ていました。
明るくてお茶目で可愛かった娘が今はすっかりいい奥さんになっています。
旦那様も気さくで優しく包容力のあるお人で叔母としては嬉しい限りです。
1時間強ほど世間話をしてから、場所を変えて居酒屋へ行くことに。

我が家から2~3分のところです。

1

こちらは、生ものは勿論、和洋中とメニューは豊富です。



我々4人で話に花を咲かせて楽しみました。

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11




こちらは「庄や」さんの宴会コースメニューです。

12 13

      賑わい囲炉裏コース                      おふくろのおもてなしコース

14 15

      くつろぎの里コース                       和の伝統コース

このようにメニユーも豊富です。単品で注文することも出来ます。



            サブレショコラと綺麗な生花をいただきました。

              16

            お二人さん末永~~くお幸せに♡
                                  また来てね。

2019年2月24日 (日)

亀戸天神「梅まつり」

亀戸天神=東京都江東区亀戸
 御神祭=天満大神

学問の神様、藤原道真公(天神様)を祀る亀戸天神「梅まつり」に行って来ました。
今日は暖かくコートを脱ぎ捨てジャッケットで出掛けました。
テレビで見頃のニュースを知ったのでしょうか?境内は人で溢れていました。

1

2

大きな鳥居です。



3

天神社の一番の人気の太鼓橋「男橋」 左の棚は今は殺風景ですが5月には「ふじの花」がそれは
見事な「ふじまつり」も開催されるので今から楽しみです。



4

ちょっと変わった五角形の「手水舎」です。



5

凄いです5歳にして幼心の和歌を詠むなんて。



6

07

7

本殿に並ぶ参拝者は後を絶ちません。



8

「撫で牛」天神社には必ず牛さんが祀られています。神の使いとされています。



9

天神社の後ろにスカイツリーもお花見です。



境内を周りました。赤・黄・白の梅の花を満喫しました。

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

御朱印を頂きました。  期間限定の御朱印です。

2019年2月22日 (金)

寺めぐり・湯島天神「梅まつり」

湯島天神=東京都文京区湯島
 ご本尊=菅原道真公

今日は久しぶりに「寺めぐり」に出掛け「梅まつり」に出会えるなんて一石二鳥でした。
すっかり春の訪れを告げる梅の花の時期となり今日はポカポカ陽気でした。
境内は梅の花をカメラに収める人や縁日屋台が軒を連ねていました。

1 02

                  ちょうどいい日に行って来ました。



2

「夫婦坂」 この階段の向こうには梅の花が咲き誇っていました。



03

「狛犬」 日向ぽっこにご機嫌かな?



3_2

本殿の前は参拝客で賑わっています。



4_2

神社に梅は似合います。



5_2

「撫で牛」 どこの天神社も牛の大きさは同じなんですね。ピカピカに撫でられて嬉しそう。



6_2

「女坂」 女性のように緩やかな階段になっています。
「男坂」もあるのですが団体さんで階段の写真は撮れませんでしたが、やっぱり男らしく急な階段でした。



ここからは境内の梅の花

7_2

8_2

9_2

10_2

11_2

12_2

13_2

14_2

15_2

16_2

17_2

御朱印を頂きました。 期間限定の御朱印でした。

梅の木の下は、ほんのり梅の花の香りがしました。
が、屋台の焼き物の匂いも強くて残念ではありました。

ちなみに
今日は「ネコの日」なんですね。
2月22日「ニャーニャーニャー」今,テレビのニュースで知りました。

2019年2月18日 (月)

「つきじ植むら」でランチを食す

「つきじ・植むら」=東京都墨田区錦糸町ステーションビル5階
5階はレストラン街になっています。「つきじ植むら」を探しました。
本店ではなく地元に近い錦糸町でランチをする事になりました。
友人(かしまし娘)と5階フロアーの端から端まで探しました。
やっと見つけた「つきじ植むら」さん。


1  02

サンプルケースを覗き込みメニューをあさりました。3人とも同じ和食「幕ノ内」に決定。



2

席に案内されて行く途中には素晴らしい生花が飾られていました。



3

店内は広々して高級感を感じ、ちよっと照明が落とされ静かで落ち付いた空間でした。



4

「幕ノ内定食」にしました。その日の仕入れ状況により材料が変わるようですがお米が特に
美味しく思いました。ギンシャリそのものでした。



5

お腹も満足げに喜んでいますが、やっぱり食後はコーヒーが飲みたいですね。

6

品の良いお店が見つかりました。

7

ショコラケーキ&コーヒーお腹は一杯でも「入るところが違うよねー」と言いながら、またここで
1時間以上の楽しいおしゃべりタイムでした。



おまけ

8

5年目にして「金の成る木」の花が満開になりました。去年は半分も咲きませんでしたが今年は
全部の枝に可愛い花を咲かせてくれました。    「お金が入りますように…」(拝)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー