« 「母の日」のプレゼント | トップページ | 荒川河川敷のポピーが見事 »

2019年5月13日 (月)

寺めぐり「東福寺」

東福寺=千葉県流山市鰭ヶ埼
ご本尊=薬師瑠璃光如来
新四国江戸川88ヶ所総本地

昨日は初夏を思わせるような陽気でした「寺めぐり」には最適でした。
夫が「何処か行きたいところがあればドライブ方々行って見るか?」と言って
くれたので「あるある」いつか行くつもりをしている寺院があるのです。
ちょっと都内を離れお隣の千葉県まで出掛けることになりました。
安全運転で走る車の窓から入る風が何と爽やかなんだろう完全なるドライブだ。
江戸川区で用事を済ませ、その足で車で走る事約1時間弱で到着しました。
「東福寺」は小高い丘の上に鎮座していました。
到着後「うわっ凄~い」「脇から車で行かれるよ」「せっかくだから階段にしようよ」
素晴らしい寺院でした。やっぱり来て良かったぁ。

1_27

上を向くと階段の先には真っ赤な「仁王門」が待ち構えています。
急勾配の階段を一気に数えながら上り切りました。51段ありました。
「頑張ったね ありがとう」…と、膝小僧を撫でてあげました。



2_21  
「仁王門」
3_18 4_16
           ↑                ↑ 
金剛力士立像   口を閉じた吽像       目をむき口を開いた阿像
山門の前に立ち寺院を守る仁王様です。凄く怖い顔をして威嚇されているようです。



5_16

仁王門をくぐると長く真っ直ぐな参道が待っています。
境内も広く隅々まで綺麗に整備と清掃がされ爽やかな風が頬に当たります。



 

「本堂」



 

「交通安全地蔵尊」 長い時間をかけて両手を合わせました。



 

「蜜厳堂」



 

「太子堂」 



 

「鐘楼」 前に立つは「弘法大師」巡拝像



 

「六地蔵」



 

「千仏堂」

13_10 14_8
                   
                      中央の阿弥陀様を中心に左右に千一体のミニ佛像。



 

16_5    

 

 

20_3

21_2

歴史が刻まれた石塔が並んでいます。



ここから「中門」に入ります。

22_1

屋根の下には「左甚五郎」の「眼つぶしの鴨」の彫刻が…この彫刻は「寺宝」です。

023  27
 
左甚五郎・作 「眼つぶしの鴨 」
お米の収穫を楽しみにしていた村人達の田畑を
荒らす犯人は「鴨」でした。鴨は「東福寺」に
逃げ込む中門の鴨居にある鴨の彫刻でした。
そこで二度と悪さをしないように眼をつぶした
鴨の彫刻を彫ったそうです(良く見ると確かに
眼が彫られていません)その後田畑は米の収穫
も盛んになり鴨も現れなくなったそうです。

千葉県の民話だそうです。



23

25

中庭はまるで庭園のように美しく低木が植えられ手入れが行き届き新緑が眩しかった。



26

御朱印を頂きました。住職さんは優しそうで素晴らしいお人柄でした。

アッシー君 遠い所迄安全運転でありがとう。またお願いしま~~す。


エッセージが送れますPhoto_14

 

 

     ニフティさんのリニューアルに伴い画像が正常に張り付け出来ず削除しました。

« 「母の日」のプレゼント | トップページ | 荒川河川敷のポピーが見事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この日はお天気も良く
絶好のドライブ&お寺巡り日和でしたね♪
旦那様と仲良くて微笑ましいです💕

最初の階段、スゴイですね~@@
この階段を登り切っちゃうお鶴さんは
やっぱり元気でパワフルですね~(⌒∇⌒)

境内は落ち着いた雰囲気がステキですね!
中庭もとても美しいですね✨

鴨の民話はちょっと切ないです・・・
鴨が悪いのはわかりますが目をつぶすなんで><

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「母の日」のプレゼント | トップページ | 荒川河川敷のポピーが見事 »