« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月に作成された記事

2019年4月30日 (火)

平成最後の「寺めぐり・大野神社」

大野神社=埼玉県鴻巣市大間

先日、TV「出没!アド街ック天国」で埼玉に大野神社がある事を知りました。
大野神社は何時からか「嵐ファンの聖地」になったそうです。
元を正せば大野神社は滋賀県栗東市にあります。
「嵐神社」とも言われ関西に多く集中しているそうです。
何でも神社名だけではなく嵐ファンの聖地と言われる理由があるようです。
調べて見ましたところ色々面白い事が分かりました。
大野神社と名の付く神社にはそれぞれ理由があるようです。
* 大野神社の番地が嵐の大野智さんの誕生日と同じ…11-26。
* 大野神社の禰宣・大宮聡さんの読みが嵐の大野智(さとし)さんと同じ。
* 大野神社の禰宜・大宮聡さんは嵐の松本潤さんと同じ誕生日。
* 野智さんと二さんのユニットが「大宮」となりますね。
偶然なのでしょうが、ビックリです。良く調べたものです。
若い女性の参拝者が多いようです。嵐ファンには嬉しい事でしょうね。

埼玉県は鴻巣市にあります。売店では「お守り」もメンバーのイメージカラーの5色でした。
神社名が同じと言う事で、あやかっているのでしょうか?
最近はこちらでも、嵐ファンの参拝者が多いそうです。TVの影響って凄いですね。

それでは「大野神社」に行ってみましょう。

 

 

 



5_12

絵馬には「嵐のコンサートのチケットがとれますように」が圧倒的に多かったです。






この「叶」の文字の中に☆のマークが5ツ書かれています。5ツ見つけると思いが叶うとか。
4ツはすぐに見つけたのですが最後の1ツが中々見つかりません。そのはずです黒ゴマ位の☆でした。




 

シンプル過ぎる「手水舎」




 

御朱印を頂きました。 平成最後の御朱印になりました。



Photo_9

 

        ニフティさんのリニューアルに伴い部分的に画像が正常に張り付け出来ず削除しました。

2019年4月26日 (金)

鈴木雅之のコンサートに行って来ました

待ちに待った鈴木雅之のコンサートに行って来ました。
2ヶ月前にチケットを予約し昨日は「かつしかシンフォニーヒルズに
行って来ました。過ぎてみれば2ヶ月って長くてで早いものでした。
鈴木雅之(マーチン)はサングラスに口髭のトレードマークのカッコ良さ。
久しぶりに若い頃の気分になりきり全身満タンに燃え上がりました。


    

 

 

  

会場も満席でした。
老若男女の客席は殆どの人が椅子から立って手拍子で燃えまくりには驚かせられました。
PM6:30~8:30まで休憩なしのワンマンショーでした。20曲は歌ったと思います。
演歌歌手のコンサートとはだいぶ違います。盛り上がり方も半端ではないです。
マーチンと会場のファンが一体になるって、このような状況を言うのだと思い知りました。
ちなみに
私は黒塗り顔シャネルズでデビューした頃の「ランナウェイ」「め組のひと」が大好きで
気分のいい時はいつも口ずさんでいます。……いい年してお恥ずかしいことです。



      
Photo_8

 

ニフティさんのリニューアルに伴い画像が正常に張り付け出来ず削除しました。

2019年4月20日 (土)

「道端の花」&「お茶会」&「お寿司」

今日は6人のメンバーのお茶会「土曜会」でした。
明日は区議会議員選挙・区長選挙があります。その為のお手伝いで2人は欠席でした。
このメンバーは一番長い付き合いの人は40年~新人さん1人は6ヶ月の友人達です。
午後1時~4時半頃迄お茶をしながら情報交換や世間話で井戸端会議をしています。
何もかも腹を割って話し合える仲間達で例えば家族の事、親戚の事…等々。
地元の「デニーズ」ファミレスでランチをしながらの雑談ですが勉強になる事が多いです。

デニーズに向かう途中の道端にて 

 

 

 

 

06

あちこちで「桜まつり」「藤まつり」が催されていますが道端に咲く花だってこんなに綺麗に
可憐に咲いて道行く人達の足を止め癒しと元気を振舞って咲き誇っているのです。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

4時半になって「あら、もうこんな時間になっちゃったの~?」
「そろそろ帰らなくっちゃーね」
「あーぁ、帰ったらまた夕飯の支度かぁ~何しようかな~?」何て言いながら…自転車で帰る人
バスで帰る人、徒歩で帰る人…名残惜しんでバラバラに帰るのです。いつもの事です。
「またねー👋」「じゃーねー👋」…と。



今日の私は夕飯の支度はしないで済むのが嬉しかった。
「帰ってから食事の支度は面倒だろう?寿司でも食べに行こうか?」と、言う事で。

  

自宅近くの「魚河岸・日向丸」に出向く。         まずは日本酒「獺祭」から

 

「さば」「赤貝」

 

「紋甲いか」の天婦羅

ドジをしました。
「つまみ」だけは写真を撮ったのですが「にぎり」の写真はすっかり忘れてしまいました。
「にぎり」は「まぐろの3貫盛り」「ツブマヨ」「イクラ」「真鯛」「トロ鉄火巻」「えんがわ」でした。
食べたい時に食べるのが一番幸せを感じる時。今日は満足の一日だった。「感謝・感謝」の一日でした。



Photo_7 

         ニフティさんのリニューアルに伴い画像が正常に張り付け出来ず削除しました。

2019年4月12日 (金)

友人とランチ

久しぶりに友人3人と私とでランチをすることになりました。
江東区「砂町銀座」はテレビで良く紹介されている下町色の濃い商店街です。
4人の一人が住んでいることもあって今日は「砂町銀座」まで出掛けました。
長い商店街で端から端まで15分は歩きます。今では近くに大きなショッピングモール
等が出来て客足も少なくなっていますがそれでも活気のある人情味溢れる商店街です。
ここに来れば何でも安く品揃いも豊富です。食べ歩きが出来るのも魅力の一つかも?

その中の「中華・永昌園」でランチをしました。
01

 

 

 

 

 

 

ランチが済んで、おでん屋さんで半ぺん買って食べながら銀ブラして…
お腹もいっぱいで「コーヒーが飲みたい」と言う事で「珈琲館」に入りおしゃべりが弾む。
その後、夕飯の買い物はあれも、これもと買い込んで荷物がいっぱいになり疲れました。

メッセージが送れます Photo_5

 

 

 

 

2019年4月 9日 (火)

我が家は早くも「藤まつり」

今日は造花の「桜」を「藤」の造花に変えました。
桜も終わりいよいよ「藤の花」の出番になりました。
これからの時期はあちこちで「藤まつり」が開催されます。
我が家は一足早く満開の「藤の花」の花見気分になりました。
藤の花は強い日差しを好み周りの木にからまり成長していきます。
淡紫・ピンク・白…と優美でしなやかで優しそうな姿は気品があります。


 


 

昔から藤の花の穏やかに垂れる姿は女性に例えられています。
ちなみに、男性は松の木にたとえると言われているようです。
花言葉は「優しさ」「歓迎」等と言われています。

都内の亀戸天神は4月13日(土)から「藤まつり」が開催されるとか。
今年も参拝方々「藤まつり」を見に行きたいと楽し見にしています。


メッセージが送れます   Photo_2

 

 

2019年4月 5日 (金)

地元・緑道公園「桜まつり」

都会ではボツボツ桜も終盤になりそうです。
今日は今年最後になるかも知れない「桜まつり」を地元で楽しむことにしました。
家から歩いて15分の「緑道公園に行って来ました。
日中は気温も高く晴天でしたが風が強くて背中を押され髪も乱れ飛ばされそうでした。
細くてカーブした長い緑道を桜だけを見て何も考えないで歩くことにしました。
桜の花びらが乱れ飛んできて足元にまとい付き靴の上に落ちて思わず「可愛い~~」

ここから桜のアーチの下を、上を向いて奥へ奥へゆっくり足を進めたのです。

1_15 


 


 


 





7_5


8_8 


9_8

 

 

 




緑道公園は昭和後期に都電が廃止されその後、跡地に「緑と憩いの散歩道」として建設された公園です。
緑道の掃除は地元の皆さんにお願いしているそうですが、いつ来てもゴミひとつ落ちていません。
いつもはごく普通な緑道公園そのものですが春には「桜」秋には「紅葉」を楽しませてくれます。

今年はあちこちに出掛け随分と多くの「桜」を鑑賞出来ました。健康であればこその散策でした。

←メッセージを送れますPhoto_6

 

 

2019年4月 3日 (水)

浅草で映画&ランチ

映画のチケットを頂いたので昨日は友人を誘い2人で浅草に行って来ました。
参道の仲見世は混み合う為、本堂脇から拝殿前を横切り「浅草花やしき」方面に進みました。

 

 

「浅草寺」正面を通り抜けて ランチをする店を探しました。





境内のはずれに「枝垂れ柳」が清々しく風に揺れる姿を見ていると気が穏やかになります。



 

またも「枝垂れ桜」が風になびいて、これまた優雅にそよいで素晴らしいです。
今年見た桜の中で一番ピンクの濃い桜でした。



ホッピー通りを抜けて、あの店、この店を覗いては美味しそうな店を探しました。

 

 

物産展ビルの食堂街に入り「和食・海鮮」でランチにしました。
友人と同じ「しらす丼」にしました。しらすの塩加減も丁度良くトロも甘くて新鮮でした。



食後、人込みを避け新仲見世を出て伝通院通りの「浅草公会堂」に到着。
上演時間は1時30分~3時23分

Photo_3 

洋画「ワンダー君は太陽」
主人公の10歳になる少年は生まれつきの障害で人とは違う顔で生まれました。
幼い頃から母に自宅で勉強を教えてもらっていた少年は小学5年生になって初めて学校
へ通うことになります始めの内は生徒達からじろじろ見られたり悪口を言われたりしま
したが友達と仲良くなりたい気持ちがみんなに伝わり徐々に友達が増えて行くのです。
そして一年の終わり頃は模範的な生徒に選ばれました。少年の名はオギーと言います。
子供達の演技が実にお見事でした。オギーの周りの人達はどの人も皆良い人ばかりでした。

この映画を観て誰にでも優しく親切にしてあげたいと思う自分を発見出来ると思います。
大勢の人に観て欲しいと思います。特に子供や若い人にお勧めの映画で社会勉強にも役立
つのではないでしょうか。

今回はコーヒーを飲む時間もなく浅草名物の「たい焼き」をお土産に買って帰りました。



←メッセージが送れま~すPhoto_5

ニフティさんのリニューアルに伴い画像が正常に張り付け出来ず削除しました。

2019年4月 1日 (月)

寺めぐり「円蔵院」&号外

    円蔵院=東京都江戸川区南小岩

30年続いた「平成」の元号がなくなり残りの平成のうちに御朱印を頂きたいと出掛け
て来ました。
この日、太陽は顔を出してくれず今にも雨が落ちてきそうな肌寒い一日でした。

1_14

山門の前に立つと立派な本堂が見え大きく深呼吸してから進みました。



2_10

お地蔵さんが出迎えてくれました。



3_8 

境内を見渡すと植木も手入れがされ掃除も行き届きとても空気が美味しかったです。



4_9 

5_7

参道を進むと仏様の像が2体祀られていました。



  

水子地蔵尊                        境内にお墓ですので名のあるお方でしょう?





 

境内は緑も多く綺麗に整備され隅々まで行き届いていました。



 

本堂  扉は閉められて中は見えません。お賽銭だけ入れて参拝を済ませました。



 

境内は花木が素晴らしく綺麗でまるで庭園のようでした。

  

13_5 14_3

15_1 16_1

17_1 18_1

19_1 20_2

すべての花木に愛情を注いで育てているのが伝わります。



 

御朱印を頂きました。 平成最後の御朱印です。

院主さんにご朱印を頂く間に奥様が声を掛けて下さいました。
「前にもいらっしゃった事がありますよね?」と。
今回は2度目でした。覚えていて下さったようです。

和服を召した奥様は「4月8日は(釈迦まつり)が開催されます
是非いらっしゃって下さい」と笑顔で話されました。
素敵な人に出逢えた事に感謝の気持ちで嬉しくなりました。


🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀

号外

       

   本日4月1日am11:40分に新しい元号が発表されました。
     新しい元号は 令和れいわに決定しました。
     今月末迄、残り少ない日々を平成と共に過ごしたいと思います。

     平成時代の悲しい思い出、楽しい思い出を御朱印帳に残しつつ
     新たな時代に挑戦し後悔のないよう精一杯生きて行こうと思います。

  Photo_2 
    こちらからメッセージも送れます

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »