« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月に作成された記事

2018年12月28日 (金)

かしまし娘の「忘年会」

暮れも押し詰まった今日は、私達・かしまし娘の忘年会をしました。

                             Yjimage3gyoc30c
今年も随分と遊んだものです。何処に行くにも3人一緒。
寺めぐりも行きました。ランチ、カラオケ、日帰り旅行といつも一緒でした。


3人で逢うのも今年は今日が最後。そこでちょっと足を延ばして「錦糸町」迄ランチを兼ねた「忘年会」でした。

1

「謝朋殿」錦糸町丸井店7階  JR「錦糸町駅」徒歩2分



2

サンプルを覗き見る。何度か来店しているので今日は違うメニューにしょう。



3

4

私は「チャーハン&タンタンメンハーフ」



5

友人は2人とも「五目焼きソバ」



6

こんな感じです。黙っていても友人は写真を撮るセッテングをしてくれます。



7

デザートは「杏仁豆腐」これが旨い。



8

食後は「謝朋殿」を出て同じフロアーの甘味店で「白玉ソフトクリーム」を食べながら話は続きました。


                                9


今年は今日で終ります。ありがとうご座居ました。来年も宜しくお願い致します。





                
              

2018年12月27日 (木)

寺めぐり「徳大寺」

摩利支天・徳大寺=東京都台東区上野
       ご本尊=摩利支天

摩利支天「徳大寺」は「御徒町駅」北口から徒歩3分。

1

今年も残り少なくなりました。

2

3

4

お正月の買い物をする人達で賑わって思うように前に進めませんでした。
御徒町なのに何故か「上野アメ横」と言われています。



5

上野アメ横商店街の中に鎮座しています。

6

江戸時代に創建されたそうです。



7

立派な構えです。



8

本堂の中  

9

本堂の正面に掲げられている額の文字は「吉田茂元総理大臣」によるもので本堂復興の
記念に寄贈されたものです。



10

本堂内の左端に祀られた「淨行菩薩」
淨行菩薩とは…自分の身体の悪いところを「南無妙法連華経」と唱えながら磨くと良くなると
言う功徳を授けて下さる菩薩様です。
私は腰と頭を磨いてきました。頭は昔から悪いので無理に決まっていますけど。



11

日蓮大聖人



12

七面大明神…七つの顔を持つのでしょうか?



13

縁結び地蔵尊…女性の参拝が多く…あっまた女性が…。



14

境内  あるようでない庭でしたが緑はこの場所だけでした。それも工事中でした。



15

おみくじむすび



16

奉納提灯



017_2

イノシシは摩利支天様にお仕えする十二支の干支です。
イノシシは気力・体力・財力…ご利益を与えて下さいます。



17

御朱印を頂きました。


来年はイノシシという事で摩利支天様は365日忙しいことでしょう。
帰りにアメ横で「数の子・紅白の蒲鉾・伊達巻」を買って帰りました。
今年の「寺めぐり」は終わりにしよう。また来年も沢山回ろう。
    

2018年12月25日 (火)

クリスマスイブは[チキン]で乾杯

我が家は「ケーキ」なしの「チキン」で乾杯
近くの焼き鳥店「串銀蔵」でクリスマスイブを家族で過ごしました。
6時という事もあって広い店内はガラガラでしたが7時を過ぎた頃には店内は満席になり
ました。
店主もスタッフも感じの良い人達ばかりなので楽しい時間を過ごすことが出来ます。

1

「串銀蔵」さんはPM4時から営業しています。



02

結構広くて清潔感のある店です。



2 3

4 5

6 7

8 9

10 11

12

どれも美味しいのですが種類が少なく感じてます。その為に最近は少し飽きてき出しました。                                               
日本酒1升瓶、焼酎をストックしておくので、意外と安い料金で楽しんでいます。
子供を連れて行くと店主がアイスクリームやゼリー等をサービスしてくれるので子供達は「ヤッター」と
言って喜んでいます。
忘年会、年末年始とこれからは客も多くなるでしょう。

2018年12月14日 (金)

寺めぐり「鳥越神社」

鳥越神社=東京都台東区鳥越
 御祭神=日本武尊

今日は首を引っ込めたくなるような寒さで木枯らし吹く中「浅草橋」まで出掛けました。
浅草橋は我が家の部屋を飾る造花を買いによく来る問屋街です。

1

01

駅の階段を降りるとそこは銀杏で真ッ黄色な街でした。
この落ち葉を踏みながら問屋街を進んで行きました。
雪国の人が雪かきをするように自分の店の前はみなさん落ち葉掃をしていました。



2

いつも造花を買い求めているお店です。



3

こちらのお店でも時々購入しています。
このまま10分程進むと「鳥越神社」です。



4

貫禄には欠けるけど大きな鳥居です。



5

500年前はこの辺りは海村だったようです。
樹木の茂った小高い山の上に鎮座していたそうです。
東京湾がすぐそこに見えていたと言います。



6

「天皇陛下」は今月の23日がお誕生日ですね。
85歳になられ皇后さまといつまでもお元気でいて欲しいですね。



7_2

手水舎  



8_2 9

柏犬



10

本殿   境内は、さほど広くはないが樹々の葉が風に舞って散らかってお掃除も大変でしょうね。



11

神楽殿   今までみた中で一番小さくて可愛い。



12

まだ、そこそこに紅葉樹は名残惜しそうに色ずんでいました。



13

小さな柿が鈴なりでした。神社の人達がこのままにしているとは、きっと渋柿なんでしょうね。



14

御朱印を頂きました。

今年は全36寺院を参拝出来ました。
「寺めぐり」も今年は今回で終わりになりそうですが、今日は「おみくじ」を
買ってみました「大安」でした。来年も良いことがありますように(拝)

2018年12月 9日 (日)

湯島聖堂「孔子廟」に行ってみました

湯島聖堂=東京都文京区湯島

前から気になっていた「湯島聖堂」に行って来ました「寺院」でもなく?「神社」でもなく?何んと呼ぶ
のだろう?。
「お茶の水」駅から徒歩3分のところです。とにかく行って見ました。
調べて見ましたが、さっぱり分かりませんでした。
江戸幕府5代将軍「綱吉」が創建した「孔子廊で学問所です。広義の寺院とも言われているようです。
なので参拝者は受験生が多いようです。
分かったのは、「孔子」という名の中国の学者で思想家でした。このお方が祀られています。
晩年になって教育に専念した…と、言う事で「学問の神様」とも言われたお方だそうです。


1

「聖堂」腋はイチョウ並木が足を止めました。左側は「東京医科歯科大学」病院です。



2

どう見ても寺院です。



聖堂内

3 4

5 6

07_2 07

展示されていましたが、説明板は薄れていて、さっぱり分かりませんでした。



7

8

手水舎があるという事は、やっぱり寺院でしょうか?



9

「孔子銅像」学問の神様



10

境内はそこそこに紅葉が見られました。



11

こちらは近くのビルの21階から見た「湯島聖堂」の全景です。



012

御朱印を頂きました。……と、言う事はやっぱり神様ですね。



「湯島聖堂」の帰りに

12

「お茶の水」駅前のビルの21階にある「銀座アスター」中華料理店で食事をしました。



13

21階にあるので最高の眺めです。店内は広々として静かで落ち着いて食事が出来ます。
「湯島聖堂」の全景の写真は、こちらから撮りました。




14

「海鮮上海焼きソバ」と「シュウマイ」をオーダーしました。



15

エビがプリプリです。

16

海老・ホタテ・イカ…と、それぞれの味が絶妙に絡み合ってとても美味しかったです。
値段もお高いだけありますが、今度は他のメニューを食したいと思いました。

2018年12月 6日 (木)

困った時のバラの花

我が家の玄関も紅葉が終わりお正月までの「バラの花」を飾りました。
時期的に悩む時は「バラ」が一番。バラは四季に関係なく咲いてくれます。
今日は小雨が降って寒い一日になりました。玄関も寒そうです。
電気を点けて明るくして造花のバラを飾り写真を撮っていると心が温かくなりました。

1

2

「百本のバラ」は無理ですが、もう少し増やしたいと思っています。

バラの花言葉

1本のバラ    貴方だけ
3本のバラ    愛しています
12本のバラ   私の妻になって下さい
365本のバラ  貴方に毎日逢いたい
999本のバラ  生まれ変わっても貴方を愛します
バラの花は本数によって意味があるようです。
白いバラは「温かい」「調和」…なので,貴方と温かい家庭を作りたい…ですって。
本数を知っておくと彼氏の気持ちが分かります。花屋さんで教えてくれるそうです。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━


ちなみに
我が家の隅に可愛く咲いている造花を紹介します。

3

洗面所



4

洗面所の鏡前



5

玄関の廊下



6

お風呂場



7

浴槽のまわりにも

月末にはお正月の「松飾り」にしたいと思っています。

2018年12月 5日 (水)

「フェイラーファミリーセール」に行って来ました

会場=東京都品川区五反田{TOCビル13階}

昨日は、何時ものようにTOC送迎バスでフェイラーバーゲンへ。

1 2_4

このハガキはネットで売買されています。          入り口にはデラックスなクリスマスツリーが飾られていました。



3_2 今年最後のセール入り口。

4

相変わらずの超長蛇の列に並び、ようやく会場に入った。いつもの事だが今日は特別何んでしょう。
暮れでもあるので、お歳暮やお年賀に利用する人達が多いようです。
会場は、ガヤガヤと、ムンムンで早くこの場を脱出したいと思いながら会場内をウロウロした。




5

レジも8ヶ所も設けて、こちらも長蛇の列。



6

今回のお目当ての「サイフ」あれこれ物色して、やっと見つけました。この型は2ヶ目です。
とても使い勝手が良く、汚れても洗濯網に入れ洗剤で手押しで優しく洗うと新品同様に綺麗に仕上がります。



7

セールでは、包装もしませんし、袋にも入れません。袋を買って自分で包装します(一袋10枚入り)



8

ドイツ・シュニール織のハンカチを10枚買ってきました。
フェイラーとは創業者、エルンスト・フェイラーさんの名前です。
次回は来年の3月を予定しているそうです。
初日の午前中はやっぱり混み過ぎます。次回は午後にしよう。

2018年12月 3日 (月)

庭園めぐり「旧安田庭園」

「旧安田庭園」=東京都墨田区横網

今日は晴天とまでは言えないが寒くもなく散歩日和でした。
そこで「旧安田庭園」に行くことにしました。先月に行った時は紅葉は少し早過ぎました。
墨田区の職員で庭園の雑用を仕事としている女性の方と色々お話をした時「是非、来月に、いらっしゃって下さい
とにかく綺麗ですよ」と、おっしゃっていた事を思い出し出掛けて行きました。
両国駅から国技館の前を通り徒歩5分で行かれます。


1 2

JR「両国駅」構内                          流石に両国、歴代横綱力士の大手形がズラリ並んでます。




3

庭園の入り口の説明板によると
徳川5代将軍・綱吉の生母・桂昌院の弟(本庄因幡守宗資)の下屋敷だったそうです。
こちらの庭園は東京都指定名勝の回廊式のこじんまりした大名庭園です。




一歩足を踏み込むと

4

ご覧の通り紅葉樹が眼に飛び込みました。




5

「わぁ~~きれい」もう、何も考えず足を進めました。池には亀さん・鯉・庭には鳩がいっぱいでした。




6

赤・黄・ピンク・緑…素晴らしい・綺麗の他に言葉が見つかりません。




7

8

先月、来た時に気が付きましたが,いつの間にか橋が赤から白に変わっていました。
職員の女性に聞きましたが「区でやったことなので私達も分かりません?皆さん赤の
方が良かったと言っていました」と話していました。
私が思うに寺院ではないので、こだわったのかも知れませんね。





9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20


今日は来て良かったと心から思いました。何度か来た中で一番きれいな紅葉でした。
都会とは思えない静けさで心行くまで景色を眺めては、ゆっくり歩いてベンチで休みながら
「あ~幸せ~」何て思いながら癒された気持ちをカメラに収めました。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »