2019年11月 5日 (火)

久しぶりの「お好み焼き」

昨日は孫達と近くの「お好み焼き」に行って来ました。
相変わらず店内はレトロ調なちょいと懐かしい昭和初期時代を思わせる雰囲気です。
5時半に予約を入れてあるので余裕で出掛けました。休日は家族ずれでいつも混み合っています。
店の中はまだ1組の客でしたが6時を回る頃は次から次の客であっという間に満席になりました。


20191141 

店内には昔懐かしいアニメソングやオールディーズの曲が邪魔にならない音量で流れていました。

20191142

Photo_20191104101801

20191143

20191144

「白ツブ貝バター」

20191145

「半ぺんのバター包み」

20191146

「えび・たこ・野菜」お好み焼き

20191147

「納豆・ししとう・野菜」お好み焼き 

20191148

20191149

美味しそうに焼けました。普段はキッチンに立つこともしない孫達はこのような場所では真剣に
腕を振るい「焼けたヨーどうぞ」ですって。
「もんじゃ」を食べたいと言っていたのに「もうーダメお腹いっぱいで入らない」とお腹を摩る
孫達。
孫はいつも「バクダン」を註文するが真冬でないと「品切れ」としてメニューには載せない。
「バクダン」は、あらゆる具材とマグロのブツを一枚ののりに包んで食べるのだが、これが口の
中でミックスされて爆発するような不思議な味になるようです。
「寒くなったらまた来たいなやっぱりバクダンが食べたい💢」と言う事でした。ハイハイ了解。

お好み焼きは何となく忙しくて写真撮るのを何品か忘れてしまいました。



メッセージが送れますF1010045-2_20191105195701

 

 

 

 

2019年10月28日 (月)

友人達と「健康ランド」に行って来た

 「東京天然温泉・古代の湯」=東京都葛飾区奥戸

友人(土曜会メンバー中の2人)と3人で「健康ランド」に行って来ました。
JR総武線・新小岩駅前から送迎バス(無料)が発着しています。
正式なバス停ではない為、乗車する時はバスに手を挙げて合図をします。
10分間隔でバスは出ていて7分弱で到着の近いところです。


201910281 201910282_20191027201501  

結構派手なバスなので新小岩辺りでは良く見掛けます。


まずまずお風呂に入ります。

201910283 201910284 
ジャグジイ                    露店風呂 赤褐色の大理石で湯舟は3段になっています。
                              それぞれ温度が違います。
 201910285201910287
 露店風呂                      歩行浴槽
201910289 201910288_20191027203901

湯舟は8種類あります。                   「檜風呂」総檜造りで檜の香りがほのかにします。
都会にいても本格な天然温泉です。塩分濃度の濃い良質な天然温泉で茶色の色をしていていょっぱいです。
身体の芯からポカポカにあたたまります。



2019102810

2019102811

4階 大宴会場   舞台ではカラオケを歌う人は申し込みをして順番に歌っていました。

2019102812 Dsc_1180 Dsc_1181 Dsc_1182 Dsc_1183 Dsc_1184

私は日本酒、Tさんは生ビール、Kさんは飲めないのでかき氷。そしてつまみを註文して最後はラーメンでした。
ここのラーメンは美味しいのです。私はいつ来ても最後の〆はラーメンなので2人にも勧めました。
「そろそろ帰ろうか?」が、PM5時でした。すると「もう一度温まってから帰ろ」と言う事で又、湯舟に。
「遠くまで行かなくても近くにこんな良い所♨があるのね」「また来ようね」と、2人共満足そうでした。  



浴場の写真はNGなのでネットからお借りしました。他にも見応えのある浴槽が沢山あります。
館内には「垢すり・マッサージ・ツボ押し・岩盤浴・エステ・サウナ・カラオケボックス・ゲームコーナー・
スチームサウナ・冷水・ジェットバス…など楽しみ方色々です。
1F=ホール    2F=浴場  3F=中華レストラン  4F=大宴会場   私達は4Fの大宴会場でおしゃべり。
入館料 大人¥2,680(レデースデイ¥1,860)勿論この日に行って来ました。手ぶらで行かれるのも嬉しいです。   

 

メッセージが送れますF1010045-2_20191027215401

 

 

2019年10月24日 (木)

親子で「寿司」を楽しむ

久しぶりに顔を出した娘と地元の寿司屋「日向丸」に行って来ました。

何時もは娘の好きな「煮物」を作って待っているのですがこの日は私が
出掛けて帰りが夕方になってしまった為、食事の支度が遅くなりました。
主人に「いいよ、いいよ煮物は今度にしたら!」と、言われ私もラッキー。

Dsc1143

「何を食べに行こうか?」「寿司がいいだろう?」…じゃぁ「日向丸?」だね。
1階は回転ずしのコーナーになっています。我々は2階のカウンター席に座わりました。
何時もの板さんは休みでしたがこの日の板さんも、とても感じの良い明るい人でした。


201910221

まずは「久しぶり~~」飲ん兵家族は日本酒・生ビールで「カンパ~イ」「ん~ん・旨い」




201910222

「本まぐろ中トロ」  脂がのりまくり口の中でふわぁっととろけてしまいました。




201910223

「赤貝」  貝の臭みもなく新鮮な塊を丸ごと口の中に押し込みました。




201910224

「鯖」  私はひかり物は弱いので感想はないが娘は「旨い・旨い」と言ってました。




201910225

「カキフライ」  寿司やさんで洋食?生でもいけるカキなので海の香りを感じました。




201910226

「ヤリイカの天婦羅」  衣サクサク身はプリプリ3人共、塩をパラパラと振りかけて。




201910227

「頭肉」  これはマグロの頭の肉で一頭からわずかしか獲れない部位だそうです。




201910228

「ツブマヨ」   私が毎回無理を言って握ってもらってますが板さんによって造りが違います。
刻んだツブ貝にマヨネーズを和えます。海の香りとマヨネーズの酸味が絡まって美味しいのです。




201910229 

「ボタンエビ」   これは甘~いさっぱり感はないけどプリンプリンで甘かったです。

3人でゆっくりおしゃべりしたのは久しぶりだったので楽しかったし嬉しかった。
やっぱり家の中では気が散ってゆっくり出来ない。特に私は立ったり座ったりで落ち着いて
話も出来ない。そんな事で外の方が話に集中出来るので外食は好きなのです。


 


 メッセージが送れま~すF1010045-2_20191022143801

 

 

2019年10月21日 (月)

浅草で「観劇&うなぎ」

 日曜日は私の「心の故郷」浅草に行って来ました。
やっぱり浅草はいつ行ってもいいなぁ。ブラブラするのもいいが目的があって行くのは
心が躍ります。今回も「木馬亭」のチケットを頂いたので行く事になりました。

201910201

相変わらずの人出でした。



201910202

「仲見世」の人出は異常でした。進むも戻るも出来ません。それも外国人の多い事。
人出を避けて裏道に回りました。



201910203

仲見世の路地裏から「浅草寺」辺りの仲見世に入り込みましたが、まだまだ人込みは凄い事に
なっていました。相も変わらずレンタル女子の多い事。



201910204

「宝蔵門」 やっと思うように歩けるようになりましたがそれでもご覧の人込みです。
こちらは浅草寺の山門になっています。仲見世は参道でもあります。



201910205

「浅草寺」本堂



201910206

本堂向かって左側に五重塔がそびえるその前の境内で見事な「菊」の花が展示されて
いました。

201910207
                                                                      全開したら素晴らしいでしょうね。
2019102008 

「千輪咲」は栽培日数を1年半かけて育てたそうです。



菊の花を鑑賞し今日の目的の「木馬亭」に向かいました。

201910209

2019102010

2019102011

いやぁ笑った笑った何日分も笑いました。ゲスト出演はオペラ歌手の「小倉浩二」さんでした。



「木馬亭」を出て今度は夕飯には少し早い食事をすることにしました。
「うな鐡に行くか?」と、言う事で。

20199159_20191021175701
2019102012
2019102013
2019102014
2019102015
2019102016

私の「旨~~~」まず出た言葉がこれだった。「うな鐡」さんは今回で4回目かも?
やっぱ「松」は旨い。主人は「うなぎ」は好きではないのです。しかし「何、食べようか?」と、
聞くと「うなぎ」と言います。「好きでもないのに」…私が「うなぎ」大好きを知ってて言うのは
分かっています。「お鮨でもいいよ」と言うと「つまみが色々あるから…「うな鐡」にしよう」と。
早い話が「お酒が飲めればいいのです」飲ん兵ですから。

メッセージが送れますF1010045-2_20191021195101

 

2019年10月17日 (木)

太子堂「ハ幡神社」を参拝

「太子堂・八幡神社」=東京都世田谷区太子堂

昨日は一日中曇り空でお日様が顔を出すことは有りませんでした。
こんな日は出掛けるには暑くもなく寒くもなく丁度いいのです。

地元からJR総武線「御茶ノ水」で中央特快速に乗り換え「新宿」まで。
「新宿」から小田急線各駅で「豪徳寺」まで。ここで又また世田谷線に乗り換え
「西太子堂駅」で下車。乗り換えを繰り返してやっと着いた街は閑静な住宅街でした。

駅から一本道を7分ばかり進むと白い鳥居が見えて来ました。

201910161

「八幡神社」は厄除けの神様です。他にも「御朱印」の素晴らしさは人気があります。



201910162

参拝者は神域の入り口である鳥居をくぐり手水舎の清水で心身を清めて狛犬により邪気を払い
神前に進みます。



201910163

参道に進む折り眼に入ったのは小さな建物でした。中を覗いて見ると何やら賑やかに飾られた
カラフルな置物が処狭しと並んでいました。

201910164 201910165

御朱印を頂く人達が順番を待つ為の「待合室」になっています。ここなら少々待たされても暑さも寒さも
しのげて飽きる事なく待てます。無料のお茶も用意されていました。
四季にちなんだ限定の御朱印や特別な御朱印が頂ける日は長蛇の列が出来るそうです。
今迄に最高に並んだ人の待ち時間は2時間を優に越えたと聞きました。
雨の日も、風の日も並ぶそうです。そんな事も考えて建てたのでしょうか?まだ新しそうな建物でした。



201910166 201910167

御朱印をお願いすると番号札を頂きます。私は運よく10分待ちで5番目に呼ばれました。
その間待合室で「御朱印ガール」の方達と雑談しながら待ちました。



201910168

「手水舎」



201910169

「神楽殿」  何処の神社も催しのない時は戸が締められていますが「八幡神社」さんは
「七五三のお祝いは八幡神社で」と、呼び掛けていました。
他にも境内には他では遭遇しない細やかな気の配り方を感じられました。



2019101610

「本殿」



2019101611

「ご神木」



2019101612

2019101613

「末社・弁財天社」  「福徳」・「芸能の神様」です。



2019101614 2019101615

境内売店には「おみくじ」「絵馬」「お守り」…等が販売されています。願い事の絵馬が掛けられていました。



2019101616 2019101617 

御朱印を頂きました。(10月限定の御朱印です)    当て紙(墨で書いた字が染まないように
                          文字の上に置く)

 

 

メッセージが送れますF1010045-2_20191016203801

 

2019年10月14日 (月)

我が家の玄関は「紅葉」を迎えました

今日は台風も去り小雨降る寒ささえ感じる家の中で静かな時間を過ごしました。

今年で2年目の造花の「紅葉」を飾りました。
本物の紅葉は北から色づき始めます。紅葉は日本の四季を代表する秋の風物詩です。
少し早いけど我が家でも暫くの間「紅葉」を楽し見たいと思います。

201910141_20191014192101  

201910142

「モミジ」と「カエデ」を混ぜて飾ったので少し豪華になりました。
「モミジ」と「カエデ」は分かりずらいですが「モミジ」は切り込みが多く
「カエデ」は切り込みが少ないのですぐに分かります。
造花の「紅葉」は実物も写真も真っ赤なのにPCではご覧の通り色が悪いです。


呑気な事を言ってますが日本列島は大変なことになっています。
今世記最大の大型台風が直撃上陸しました。
台風19号は記録的な豪雨で東日本の河川で堤防が決壊し住宅地に濁流が襲いました。
特に「千曲川」の氾濫は凄まじいものでした。他県では土砂崩れも起きました。
東京に住む私も台風に備えベランダの鉢植えを部屋に入れ、食料も買い込みました。
我が家の地域は回りが大小多くの川に囲まれたにも関わらず何事も起きずに台風は
過ぎ去りました。
被災にあった地域の方々には大変な心配と、恐怖、ご苦労があったかと思います。
復興には時間もかかると思いますが体調管理には気を付けて頑張って下さい。

メッセージが送れますF1010045-2_20191014144901

 

2019年10月 9日 (水)

阿佐ヶ谷「神明宮」を参拝

阿佐ヶ谷「神明宮」=東京都杉並区阿佐ヶ谷

今朝も外を覗くと空は秋晴れで高く高く真っ青でした。
予定通り阿佐ヶ谷「神明宮」に参拝に行って来ました。

20191091

JR総武線で「御茶ノ水」で乗り換え中央線快速「立川」行きで「阿佐ヶ谷」駅に
40分で到着。やっぱり快速は早くていいです。
阿佐ヶ谷は初めて来ましたが随分と開けた街で少し驚きでした。

20191092

阿佐ヶ谷駅から3分で鳥居が見えました。いつもの事ですが鳥居を見つけるとほっとします。




20191093

鳥居の前で写真を撮っていると、お嫁さんが新婦さんと、そろり、そろりとやって来ました。
今迄に何度か遭遇していますが、これは結婚式の「記念写真前撮り」だと言う話は良く聞きます。



20191094

参道に進みます。こちらも緑がいっぱいで森林のようです。爽やかで気持ちも爽快になります。



20191095

「手水舎」



20191096

「能楽殿」  普通「神楽殿」と言っていますがこちらでは能・狂言の上演、お祭りの際の
阿佐ヶ谷囃子‣神楽など…伝統芸能の奉納に使われるそうです。



20191097 20191098

「合格祈願領」 こちらは「北野神社・天神様」が祀られています。学問の神様・菅原道真公です。
五角形の合格鳥居が変っていて何度でも潜りたくなります。



20191099  201910910

「元宮」 左から「日本武尊」「伊弊諾命」「伊弊冉命」…をお祀りしています。
「日本武尊」は天皇の子として生まれました。 


 
2019109011

「猿田彦神社」



201910911 201910913

いよいよ見えて来ました山門です。でも…普通「山門」と言っていますが、こちらでは「神門」と言います。
右の写真は「神門」の扉が金糸の菊の御紋でした。

 201910914

「拝殿」  



201910915

「本殿」  ここには入る事は出来ません。拝殿からの眺めです。
日本神界の最高神の「天照大御神様」福徳・開運・勝運、すべての神徳を頂けるといいます。
天照大神を祀る神社を「神明神社」と言いますが全国各地にありますね。その総本社が「伊勢神宮」です。



201910916

「絵馬」と「みくじ」



201910918

御朱印を頂きました。   右は通常の御朱印で、左は10月限定の御朱印です。


杉並区と聞くと何故か遠くに感じていましたが快速電車に乗ると早いものでした。
「上野」にバスで行くと曲がりくねるので55分かかります。電車では乗り換え1回で20分。
「阿佐ヶ谷」」までJR快速なら乗り換え1回で43分でした。やっぱり電車は早いです。
 

メッセージが送れますF1010045-2_20191009195101

 

«江戸川区「長勝寺」に参拝