2017年5月 1日 (月)

農林公園・キヤッセ羽生

4月29日(祭)<昭和の日>は毎年、埼玉県の羽生まで、お墓参り(お施餓鬼)に行っています。
その日は、朝早く墓参りの前に、羽生市の<農林公園>に行っています。

農林公園キヤッセ羽生=埼玉県三田ヶ谷
キヤッセ羽生(キヤッセとは、埼玉弁で「いらっしゃい」と、いいます。
こちらは、墓参りの時(天気の良い日)は、いつも立ち寄っては農家の新鮮な野菜などを買い求めています。
祭日とあったり、ゴールデンウィークにも当り、毎年盛りだくさんのイベントが催されています。
園内では、園内で製造された地ビール販売・フリーマーケット・野外ステージ・売店…等々。
その他、バーベキュー場・子供の遊び場…等。
自然にふれて、アウトドアライフを心ゆくまで楽しんで来ました。


羽生市三田ヶ谷農林公園 キヤッセ羽生

1

2

3

4_2

5

6

7

8

16_2

<四季の丘>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは「キヤッセ羽生」の正面にある「羽生水郷園」や「さいたま水族館」が、この奥にあります。


9

10

11

12

13

14

<水郷公園><水族館>は、何度も行っていたので、時間もなく綺麗な花壇だけを、写真に
残してお墓に向いました。

 

2017年4月26日 (水)

根津神社・つつじまつり

根津神社=東京都文京区根津
根津神社は毎年、春と秋には必ず訪れています。
秋は銀杏の紅葉が素晴らしいのです。黄色いジュウタンを踏みながらギンナンを沢山拾って
きます。
春の今時分は、<つつじまつり>を楽しみにしています。350年の歴史があり、約100種類
のつつじが3000株も咲き誇ります。
つつじを鑑賞する前に、まず参拝を済ませてから<つつじ苑>に行きました。

1

見馴れた鳥居をくぐります。



2

境内に入るとまずは、この神橋を渡り桜門(重要文化財)を抜けます。



3

4 5

唐門(重要文化財)



6

拝殿(重要文化財)

参拝も済ませました。


つつじ苑の入口に着くと、真向かいの朱色の鳥居(千本乙女稲荷)が何処までも続き圧巻です。

7 8

鳥居の多さに驚かせられますが、稲荷神社に願い事をして、願いが叶ったお礼に鳥居を奉納するのだ
そうです。一つ10万円するそうです。



何にも考えないで、ただ眺めているだけで癒されました。

9 4~5日後が満開期だそうです。入苑料200円

10

11

12

13

14

15

16

17

18 19

20 21



22_2

御朱印を頂きました。

暑くも、寒くもなく、爽やかな風に吹かれ散歩日和でした。


2017年4月25日 (火)

寺めぐり 圓勝寺

圓勝寺=東京都北区中里
ご本尊=阿弥陀如来
JR山手線・駒込駅、東口を出て徒歩7分。
駒込駅の近くに到着したときに、車内の窓から寺らしき構えが見えたのが、目的の<圓勝寺>でした。
駒込駅ホームの<つつじ花壇>は美しいと有名なんです。この時期は実に美しい眺めです。

下りホーム

1


上りホーム

2

3 駒込駅東口を出て少ーしダラダラ坂を下りました。


4_2 5_2_2

参道の左右には、巨大な銀杏の樹が何本も列を正して並び、高く空に伸びていました。
風がさわさわと吹いていて、清らかで気持ちのいい癒しの空間を歩いているようでした。



6_2 7

山門をくぐると境内は緑の樹木で眩しいくらい、いっぱいでした。

8_2 9_3

低木は少なく高樹が多く見られました。



10_2

本堂前の大香炉



11_2

本堂



12_2

13_2

14_2

15_2

16_2

17_2

18_2

御朱印を頂きました。

大樹が多く、ヒマラヤスギは「100年以上はたっていると思いますよ?」
「黒マツの樹齢も何百年もたっているでしょうね?」
他の樹々も相当な樹齢だそうです。「私にも分りません」だそうです。
低木は管理が大変だとか…そんな風に話していらっしゃいました。

今日の「圓勝寺」さんは、いつもの寺院の境内とは、ちと違う感じを受けました。
ド迫力があって元気を沢山貰ったような気分になりました。







2017年4月22日 (土)

満開のつつじ

都会では、ところにより<つつじ>が満開になりました。
区や行政の働きにより街の道路沿いには、新緑とつつじのコントラストが美しい季節になりました。
この道を通るのを楽しみにしています。今日はどのくらい開花したかしら?と、写真を撮り続けました。
桜が散り去り寂しさも抜けきらないうちに今度はつつじの花が街に咲き乱れてきました。
四季っていいですね。特に春は次から次と可愛い花が順番を待つように咲き誇り競演してくれますもの。

4月13日(木) 晴れ

1




4月17日(月) 晴れ

2




4月20日(木) 晴れ

3




4月22日(土)午後の激しい雨の中

4_2

4月13日から撮り続けていました。降りしきる雨の中で満開に咲き誇っていました。
今日は午後から雨になり、つつじの花も散ってしまうのではないかと、明日では遅い。
雨の中、最後の写真を撮りに行きました。
今度逢うのは、来年の今頃になりますね。毎日癒しの心を、ありがとう、そして、さようなら。


と、思っていたら。


追伸  4月24日(月)

土曜日の雨で、つつじの花もおしまいか?と、思いきや、どうでしょう今日も元気に咲いてい
ました。
今日は駅前バス停の<つつじ>の写真を撮ってきました。

5

雨にも負けず誇らしげに咲いていました。あと数日で満開になりそうです。



2017年4月20日 (木)

寺めぐり 大島稲荷神社

大島稲荷神社=東京都江東区大島
御祭神=宇賀之御魂神
こちらの神社は、家内安全・商売繁盛・身体健全・心願成就・諸難厄除け…等。の
ご利益が授かります。
かっては、この当りは海辺だったそうです。幾度となく津波の被害にあわれたそう
で、その為か川にちなんだ地名が今も多く残っています。

1

2_2 03

境内はとても狭いですが緑がいっぱいでした。これといった樹木もなく少しの鉢植えの花が置かれていました。



3 4

小名木川沿いの神社の鳥居をくぐると左手に「松尾芭蕉」の石像が眼に入ります。
その昔、芭蕉さんは、小名木川を船で通った際に参拝したといわれています。

5_2 その時に詠まれた句

「秋に添うて行かばや末は小松川」…と、詠まれたそうです。
調べてみました。旅を愛し、俳句を愛した芭蕉さんだったのです。
秋も深く小川に沿って行けばやがて小松川に着くであろう>…と、思った句ですね。



6

7

8

9

13

御朱印を頂ました。  宮司さんは気さくな女性でした。

2017年4月18日 (火)

猫カフェ <猫まるカフェ・East>

猫まるカフェ=東京都墨田区錦糸
JR・総武線「錦糸町駅から徒歩2分のところにあり、雑居ビルの3階に猫ちゃん達はいます。
どの仔も皆ニャ人懐こくて可愛いかったです。
お部屋も結構広いフロアーで、ニャン仔達は走り回っていました。どの仔も皆元気いっぱいでした。

 1_2   2_4


                   料金表

プラン・パック料金 滞在時間 平日 土日祝
お試しプラン
(初めてや時間のない方向け)
15分 350円 設定なし(60分~)
30分 700円 設定なし(60分~)
基本プラン 60分 1,200円 1,300円
お得パック
※15分延長 300円

90分 1,600円 1,800円
120分 2,100円 2,300円
夜パック
※上野店・East店はしご可
17時~閉店 1,800円 2,500円
      一日フリーパック
※上野店・East店はしご可
        出入り自由      
開店~閉店 2,200円 3,500円
      土日祝3時間パック
※上野店・East店はしご可
        出入り自由      
開店~閉店 設定なし 3,024円

2017年4月13日 (木)

我家も<藤まつり>

栃木県の「あしかがフラワーパーク」の<ふじの花>も、じきに見頃を迎える頃となりました。
樹齢150年の大藤棚は栃木県指定の天然記念物です。
毎年見頃を迎える4月下旬~5月上旬の1ヶ月間「ふじのはな物語~大藤まつり」が開催さ
れます。
あしかがフラワーパークは花や木の季節感あふれる庭園は年間を通して楽しめます。
特にふじの花は有名です。開花を少しずつづらしながら、うす紅藤・むらさき藤・白藤・きば
な藤…と咲き続けるそうです。

1

2

こちらはネットの画像をお借りしました。樹齢150年だそうです。
2年前に友人と行って来ましたが、それは、それは圧巻でした。藤の香りが忘れられません。


その時に購入した造花の藤の花です。

3_2

今日、玄関に飾りました。





«真央ちゃんお疲れさまでした