2018年11月15日 (木)

寺めぐり「西新井大師」

西新井大師=東京都足立区西新井
   ご本尊=十一面観音・弘法大師(空海)

昨日は初めて姦し娘で「寺めぐり」に出掛けました。
「西日暮里」から「舎人ライナー」に乗りました。舎人ライナーとはコンピューター操作による無人運転手の
電車です。

三人寄ると、まるでバスツアーのようにせわしなく、賑やかで、ゆっくり境内を見る事も出来ませんでした。
彼女達は寺院にはまったく興味はなく、参道のお店を覗いたり、試食したり、おみやげを買ったり旅行気分です。
普段一人で参拝する時は御朱印を頂く時に色々話を聞くことにしていますが今回はそれも儘ならずでした。
今日は、由来など他も知りたくて大師様に電話してお聞きしましたところ親切に教えて下さいましたので、何とか
写真は撮りましたので、ブログを作ることが出来ました。

1 2

西日暮里から「舎人ライナー」に乗りました。              西新井大師「総持寺」全地図



3

参道を進むと山門が見えてきました。



4

参道は水曜日が休日の店が多く、かろうじて見つけたお店を覗いて見ました。



5

山門に辿り着きました。どっしりと立派です。この辺りは工事中の所が多く見受けられました。
山門も通行止めで通れませんでした。



6

境内をまわります。

7

境内を入ると、すぐにお花屋さんの出店。この時期は「シクラメン」が揃っています。



8

樹齢700年の「藤棚」



9

「大本堂」



10 灯篭は一対ではありませんでした。



11

「不動堂」



12

「四国八十八ヶ所めぐり」の霊場と高野山のお砂が敷き詰められています。
四国に行かずとも西新井でお砂を踏めば四国にいったのと同じご利益と功徳を受けられると言います。



13

弘法大師が四国を行脚された時のお姿です。



14

15

池には丸々太った鯉が元気良く泳いでいたので癒されました。



16

大本堂前の菊の花達



17

大本堂の渡り廊下の向こうは僧侶が住んでいる建物です。



18

「西新井大師」の由来
弘法大師が当所に立ち寄りご自身の像を彫り観音様を本尊にして、ご自身の像を枯れ井戸に
安置して21日間護摩祈願をしました。すると清らかな水が湧き流行り病に悩む村人達は,たちま
ち平癒したと伝えられています。その井戸が大本堂の西側にあったことから「西新井」と地名が
付いたそうです。
「花のお寺」とも言われ四季折々の花で親しまれています。
境内中何処を見ても工事中でした。新年に備えての工事だそうです。

三人寄れば何とも楽しいのです。でも「寺めぐり」だけは一人が一番いい。

2018年11月13日 (火)

早すぎた「向島百花園」の紅葉

向島百花園=東京都墨田区東向島
都立文化財団庭園に指定されています。

ボツボツ紅葉が見られるだろうと思い行ってみました。
百花園に着いたとたんガッカリでした。入り口の受付で園内の様子をお聞きしました。
「11月下旬~12月初旬が見頃になると思いますよ」と、言う事でした。ちょっと早過ぎたようです。
百花園とは「四季百花の乱れ咲く園」という意味だそうです。
花の咲く草木の鑑賞を中心とした花園で梅の木は360本もあるといいます。
残念と思う心を抑え出直そうとも思ったが、せっかくなので園内をそぞろ歩く事にしました。
園内は所々が赤色や黄色に染められていましたが私が描いた紅葉の景色ではありませんでした。

1  2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

モミジはまだまだ赤くなっていませんでした。
カエデが染まっていたので少し気分は上昇になりました。
他にケヤキ・ハゼ・イチョウ…等が色付き池に姿を映すと
素晴らしい眺めになるでしょう。
都会では珍しいウグイス・・コウロギ・マツムシ・キリギリス
鈴虫・等の音色も楽しめるそうです。



庭園の広場では、ちょうど「菊まつり」を開催していました。

16   17

18   19

20   21

あまり見かけない花びらの菊ばかりでした。


ちなみに

22

私は紅葉の時期はいつもこのマフラーを巻いて出掛けています。
地味だけどこの時期にはピッタリな色合いで軽くて温かいです。

2018年11月10日 (土)

「アロエ」&「酢」の効能

今日は暇に任せて「アロエ化粧水「と「酢ショウガ」を作りました。
アロエ化粧水は、かれこれ10年位前から手作りして利用しています。
アロエ化粧水
アロエは昔から「医者いらず」と言われています。作り方も簡単です。
アロエは美肌作用や抗菌作用があり、ヒアルロン酸に似た組成を持ち乾燥肌の改善にも良いそうです。
ニキビ予防、炎症や傷を治しやすくする働きもあり、育毛剤にも良いそうです。

1  2

コーヒーの空き瓶に焼酎とアロエを漬けて、この量で約20日使えます。
「アロエ化粧水」の作り方は以前ブログでも紹介しましたので今回は省略します。
作って3日程すると液は、どろっとしてきます。真っ赤な色になります。画像の色が悪いです。



「酢生姜」
安くて作るのも簡単で良い事づくめの飲み物です。
特に女性には美肌効果が嬉しいです。コラーゲンが作られる事でお肌にピンと張りが出て
シミ、しわ、たるみ等の予防をしてくれます。

3  4

酢生姜の効能
 *  冷え性改善
 *  ダイエット効果
 *  生活習慣予防
 *  美肌効果
 *  便秘改善
 *  血圧低下   

作り方は写真のようにスライスした生姜を酢に漬けるだけです。毎日大さじスプーン2杯を水で割って
氷を入れ飲んでいます。
酢生姜は1年前から飲み続けています。主人は確かに血圧は下がり病院の主治医もビックリしています。
作り方は以前、紹介しましたのでこれも省略します。この量で約20日使えます。

是非、お試しを。きっと効果を実感すると思います。
「アロエ化粧水」「生姜酢」も保存は冷蔵庫で。



 

2018年11月 7日 (水)

ランチは「ハワイアン料理」

HemaMaKani=東京都葛飾区東新小岩

昨日は「一度はハワイ料理も食べて見たいね」と、いうことで早速行って来ました。
JR「新小岩」北口を出て徒歩3分 雨降りの中急ぎ足でHemaMaKani(ヘママカニ)店へ駆け込みました。

1_3

(ヘママカニ)とは、ハワイの言葉で「南風」と、言うそうです。



2_4

入り口からは雨の為写真が撮れず帰りの2階からの様子です。



3_2

4

5

店に入った途端、日本ではないことに気ずきます。完全にハワイでした。
ハワイアンミュージxックが流れ、店内もインテリアすべてがハワイを感じさせました。
雨降りという事もあり広い店内はガラガラでした。



私達・姦し娘は

6

それぞれ、別メニューを註文しました。



7

右上=(ロコモコ)ハワイの定番料理(白米の上にサラダと目玉焼きと挽肉)  
左上(エッグベネディクト)簡単に言えばミックスサンドかな?。
手前は、私が注文した「旬野菜と生ハムのサンド」
ランチタイムなのでスープとサラダ付き。

それぞれの感想は??で、私も?…でした。が、10人10色と言いますから。好きな人もいるのでしょうね。
これがハワイ料理なんだー。美味しくはありましたが、やっぱり姦娘達は日本料理が一番です。

2018年11月 6日 (火)

我が家も秋を迎えました

関東もボツボツ秋を迎え紅葉が始まりました。
そこで
今日は、我が家も造花の紅葉を飾りました。玄関が紅葉スポットです。
銀杏も入れたかったのですが、あまりにも造花がバレバレで購入しませんでした。今年は
「モミジ」と「ハゼ」を飾りましたが紅ばかりで今一です。来年は早めに用意しようと思います。


1

2

3

ライトアップをしてみました。いくらかでも気分が違います。
チョット仕掛けをしました…どうということはありません。懐中電灯を照らし写真を
撮っただけの事です。いくらかは幻想的な感じになったと自負しています。

2018年11月 4日 (日)

謎のHさん「ありがとう」&「焼き鳥・串銀蔵」

昨日は、長女と親戚の姪夫婦が遊びに来ました。
私達夫婦と3人が揃えば行くところはお決まり「飲もう飲もう」で近くの居酒屋に。

ちょっとその前に。
またまた謎のHさんに素敵なカップを頂きました。

1

2

今回も「謎のHさん」から陶器でも有名な「織部」の可愛いペアーカップを頂きました。
「織部」は我が家の造花の花や陶器の花瓶など昔から愛用しています。
「織部」の商品はアートフルな物が多く、見ているだけで幸せな気持ちにさせてくれます。
このカップで「日本酒」「日本茶」「コーヒー」…なんでも行けそう。
ちなみに
カップを使う前にまず、お米のとぎ水を鍋に入れカップを浸し入れ、弱火で15分。その後火を
止めてそのまま冷まし、冷めてからカップを取り出し水で洗うと壊れにくくなるようです。


では

3 「串銀蔵」

土曜日とあって、サラリーマンの客は少ないようでした。
金曜日はいつも満席です。結構子供連れの家族も多く見受けます。
我々は一番奥の席を予約しておきました。
飲んで、食べて、おしゃべりをして楽しく時間は過ぎて行きました。
みんな「美味しかった」と真顔で言ってくれたので良かった。
その後
我が家に戻り「大吟醸・日本酒」飲みくらべ、キャーキャー、ワァーワァーと楽しみました。
夜の更けるのも忘れ話が弾みましたが姪夫婦は帰り、娘は泊まりました。
楽しいと思える時間は早く過ぎるものですね。思い出に残る一日になりました。

2018年11月 1日 (木)

寺めぐり「延寿寺」&「端輪寺」

昨日は日本晴れでした。と、なれば家でじっとしていられないのが私です。
急に思い立って出掛けるには何処に行くか悩みます。そんな時は台東区の「谷中」にしよう。
何百と寺院がある寺町なのです。「谷中墓地」も有名ですが、こちらはお墓なので寺町に決めました

1    2

通り道すがら立ち寄った「延壽時」です。延寿寺山門前の三叉路の角に根を張る「ヒマラヤ杉」
このヒマラヤ杉は「保護樹木」に指定されていると看板が掛けられていました。
こんな大木は初めて見ました。樹齢は分かりません。


延寿寺=東京都台東区谷中

3

4

5

6

7

8

こちらは境内も狭く特に写真に収める程の事もありませんでした。
住職さんも何やらお忙しくしていらっしゃいましたので、参拝だけ済ませ御朱印を頂きました。

9

御朱印を頂きました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


瑞輪寺=東京都台東区谷中
ご本尊=釈迦如来

延寿寺を後に5分程歩くと目的の「隋臨寺」に到着しました。
谷中では数ある寺院の中でも最も大きい寺と聞いてましたが、なるほど広いです。

1_2 徳川家康公創建の寺

2_6

山門   どっしりと貫禄があります。

                      

03

長い参道を進む   真ん中は神様が通ります。男性は端を歩いています。分かっているのでしょうね。
遠くから見ても本堂の屋根が一段と綺麗で素晴らしいです。



3_2

客人稲荷大明神  客人稲荷はお釈迦様が衆生救済のために菩薩に姿を変えた法華経の守護神です。



4_2

日蓮上人像



5_2

鐘楼   徳川三代将軍家光公の寄進により建立されたものだそうです。
今まで随分多くの鐘楼を見て来ましたが、こんなに立派な鐘楼は初めてでした。さすが家光公。



6_2

本堂



7_2

8_2

龍の彫刻



9_2

書院



10

御朱印を頂きました。


今日は歩いた、歩いた、久しぶりに身体がビックリしたようです。12,723歩でした。

«柴又の「寅さん」と「さくら」兄妹